妊娠

妊娠中のペパーミントティーの安全性 - ニューキッズセンター

ハーブティーは、一般的に、さまざまな症状を和らげることができるため、健康の専門家によって推奨されています。これらの中には、消化不良、悪心、過敏性腸症候群、およびその他の腸の問題を治療するのに役立つペパーミントティーがあります。ペパーミントティーの安全性を疑う人もいる一方で、妊娠中のペパーミントティーを飲むことを推薦する人もいます。妊娠は大きな予防策が必要とされる期間です。妊娠中のペパーミントティーの安全性、利点、および不利な点について読んでください。

ペパーミントティーは妊娠中に安全ですか?

ペパーミントティーは一般に妊娠中に飲んでも安全です。他のすべてのサプリメントや食料品と同様に、ここでは消費の節度が最も重要です。ペパーミントティーは、妊娠中の吐き気、胃のむかつき、つわり、およびめまいを緩和するのに特に役立ちます。妊娠中の女性を対象としたいくつかの特別なハーブティーミックスもあります。これらにはペパーミントも含まれているので、その安全性を支持しています。

あなたはどのくらい取ることができますか?

医師は、一日に2杯以下のペパーミントティーを飲むことをお勧めします。このお茶を飲み過ぎると、特にGERDを患っている妊娠中の女性で、胸やけが増えることがあります。それはまた胆石と関連している徴候を悪化させることができます。節度を練習すること以外に、そのようなハーブティーのためにフィルターをかけられたティーバッグを使うことはまた賢明です。

妊娠中のペパーミントティーの利点とリスク

ペパーミントティーを飲むことには、長所と短所があります。これが妊娠中のペパーミントティーの利点です。

胃腸障害を軽減する

ペパーミントティーを飲むと、母親の消化器の健康状態が劇的に改善します。それは胃腸障害の知られている緩和剤です。妊娠中、体は非常に多くの変化を経験し、多くの女性は消化不良や鼓腸を経験することについて不満を言います。ペパーミントティーは、胃の筋肉をリラックスさせることで両方の症状を和らげます。ペパーミントティーは、胃を落ち着かせるだけでなく、ガスやけいれんを和らげることもできます。

朝の病気を楽に

ペパーミントティーは吐き気と嘔吐の治療法として知られています。つわりは、すべてではないにしてもほとんどの妊娠に伴うものです。ペパーミントの匂いは鎮痙薬として働き、それによって嘔吐の緊急性が軽減されます。多くの女性は、つわりを緩和するためのペパーミントティーの使用を支持しています。

気道を落ち着かせる

ペパーミントティーはまた、妊娠中の呼吸器系の問題を和らげるのに役立ちます。お茶の鎮痙的側面は気道と気道の筋肉が弛緩することを可能にします。

他の利点

ペパーミントティーは、細菌感染が母親を容易に攻撃しないように免疫系を高めます。妊娠は母親にとって非常にストレスの多い期間になる可能性があり、ペパーミントティーはこのストレスを軽減するのに役立ちます。ハーブのなだめるような効果は体温と同様に血圧を下げます、それによってストレスホルモンが体に内部の害を引き起こすのを防ぎます。

一方、ペパーミントティーにはいくつかの副作用がありますので、妊娠中に摂取するときには注意が必要です。

流産のリスクを高める

ペパーミントティーが妊娠中のより敏感な部分で消費されるならば、それは子宮を弛緩させて、早産または流産さえさえする危険性を増すかもしれません。これは一般的な問題ではありませんが、以前流産したことのある女性はペパーミントティーを飲むことを避けるように医師に勧めます。また、授乳中にペパーミントティーを飲むこともお勧めできません。

薬と対話する

ペパーミントティーは、妊娠中の母親が服用しているいくつかの薬と相互作用する可能性があります。婦人科医が推奨するように、多くの女性は出生前のビタミンやサプリメントを使用しますが、ペパーミントティーはそれらの適切な機能に生息するかもしれません。

アレルギー反応を引き起こす

妊娠中にペパーミントティーを飲むと、特に母親がメントールとメントール製品にアレルギーがある場合に、妊娠中の母親にアレルギー反応を引き起こすことがあります。さらに、喘息の問題を抱えている女性はペパーミントティーを避けるべきです。他の病状での妊娠は、ハーブティーやサプリメントを摂取する前に医師のアドバイスを必要とする場合があります。

その他のリスク

妊娠中にペパーミントティーを飲みすぎると、筋肉痛、眠気、不規則な心拍、および四肢の振戦を引き起こす可能性があります。

妊娠中のハーブティーを飲む上での注意事項

妊娠中に体が変化するにつれて経験する不快感を和らげるために妊娠中にも消費することができる他のハーブティーがあります。ジンジャーティー、レッドラズベリーリーフティー、クランベリーティー、カモミールティー、タイムティーが含まれます。

妊娠中にすべての費用で消費してはならないいくつかのお茶もあります。これらには、アルファルファ、ブラックコホッシュ、ブルーコホッシュ、コンフリー、ドンカイ、エフェドラ、ゴールデンシール、ハイビスカス、カバ、ホアハウンド、レモングラス、カンゾウ、ローズマリー、セージ、ヤロー、イエバメ、ベチバー、およびサッサフラスティーが含まれる。

Загрузка...