子育て

赤ちゃんがプールに入ることができるのはいつ?

夏は暑くなることがあり、暖かい季節には誰もが水泳を愛しています。多くの新しい親は、「赤ちゃんがいつプールに入ることができるのか」という質問に対する答えを知りたいと思っています。

赤ちゃんの肌をやけどから守るために、よく泳ぐためのおむつと日焼け止めを使うことです。水温が寒すぎないようにすることも重要です。あなたが家から離れてプールに出かける場合は、いくつかの軽食、余分な乾いたおむつ、タオルを取ります。あなたがすべてのあなたの準備をしたら、あなたはあなたの赤ちゃんと一緒にエキサイティングな新しい冒険の準備ができているでしょう!

赤ちゃんがプールに入ることができるのはいつ?

水泳は2ヶ月未満の乳児にとって危険です。 2ヵ月未満の乳児の場合、プールに入る際に、その脆弱な免疫システムが問題になる可能性があります。また、1歳未満の赤ちゃんは公共のプールで泳ぐことはできません。この予防策には2つの理由があります。

  • プール内の水の衛生

赤ちゃんは年長の子供や大人よりも弱い免疫システムを持っています。あなたの赤ちゃんを病気にすることができる公衆またはなじみのないプールに潜んでいる細菌や寄生虫があるかもしれません。水泳の後は、アレルギー反応や感染症など、病気の兆候がないか赤ちゃんを常に監視してください。通常、発疹や尿路感染症に注意を払う必要があります。あなたが水の衛生状態が確実であるとプールを使用しているならば、あなたはより大きなプールであなたの赤ちゃんが早く泳ぐことを可能にすることができます。

  • 調整と自信

2〜3歳までは、赤ちゃんは十分に水中で調整できることを覚えておいてください。しかし、赤ちゃんはあなたの助けを借りて水中にいることを楽しむことができ、それは赤ちゃんがリラックスして自信を持って助けることができます。

赤ちゃんはプールで何を着るべきですか?

1.おむつを使う

泳ぐ赤ちゃんにとって最も重要なのは、尿や糞を吸収するある種のおむつです。これはプールを汚染から保護するのに役立ちます。子供が水泳用おむつを濡らしたり汚れたりした場合は、すぐに交換するようにしてください。また、赤ちゃんの底に発疹を避けるために水泳の後にそれを交換してください。

浮遊物

いくつかの爆発浮遊装置や救命胴衣のようなあなたの赤ちゃんのためにいくつかの浮遊物を準備します。これらの装置があなたの赤ちゃんにぴったりと合っていることを確認し、それらを正しく着用するように常にあなたの子供を監視してください。彼らはあなたの子供がすぐに水中に入るのを防ぐのを助けることができます。しかし、浮遊物が保護者による監督の代わりになることは決してありません。

浮揚装置は、膨張式アームリング、膨張式ベビーチェア、およびベビーシートを保持するためのメッシュシート付きウエストリングを含むいくつかの種類がある。あなたはいつでも船遊びのために作られた救命胴衣を使うことができます。あなたが泳ぐプールがこれらのデバイスを許可することを確認してください、いくつかの公共プールは許可しません。

両親は何をすべきか

1.必要なものを持参

あなたがプールに出る前にあなたが必要なベビー用品を詰めていることを確認してください。最も重要なアイテムは水泳用おむつです!あなたのリストに加えて以下のことを加えてください:

  • 赤ちゃんが哺乳瓶の場合は哺乳瓶
  • 赤ちゃんが軽食を食べることができる場合は、おやつにどうぞ。赤ちゃんは水泳中に空腹を感じるかもしれません
  • フード付きタオルはそれ以外の場合はタオル掛けガウンが好ましい
  • 水中で遊ぶおもちゃ
  • 交換用の豊富なおむつバッグ

あなたの赤ちゃんを安全に保つ

赤ちゃんがプールで安全に過ごせるようにするために必要な安全上の注意がいくつかあります。これらが含まれます:

  • プール温度を確認する

あなたの赤ちゃんが生後6か月以下の場合は、低体温症を防ぐために水は摂氏32度前後であることを確認してください。赤ちゃんが揺れて風邪をひいているのに気づいたら、それを水から取り出してタオルで包みます。

  • それを取る S低い F第一

あなたは一歩一歩あなたの赤ちゃんと一緒に泳ぐことを試みることができます。通常、最初の水泳セッションで10分間泳いでから、次に20分間泳ぐことをお勧めします。 1歳未満の赤ちゃんは、一度に30分以上泳いではいけません。

  • 泳ぎをスキップ Bアビー Hとして Bええ Sick

赤ちゃんが風邪をひいたり、結膜炎を起こしているなど最近病気になっている場合、または単にうまく機能していない場合は、赤ちゃんを水の中に入れないでください。その上、あなたの赤ちゃんを胃の病気でプールの外に保ち、病気が治った後48時間水泳を避けてください。

プールで使用される塩素は大人にとっても過酷な化学物質です。赤ちゃんが発疹にかかっている場合は、発疹が解消されるまで水泳を避けてください。あなたはいつでも水泳がいいかどうかを確認するためにあなたの小児科医に確認することができます。

3.自分の赤ちゃんをプールに連れて行くためのヒント

バスタブの中で彼を背中に動かして最初の泳ぎの経験のために赤ちゃんを準備してください。赤ちゃんが水に慣れたら、次のヒントを試してください。

  • 正しい時期を選ぶ

あなたの公共プールのスケジュールを確認し、それが人々や他のしぶきの子供でいっぱいではないときにあなたの赤ちゃんを連れて行くようにしてください。あなたは、赤ちゃんをもう一人の友人と一緒に「遊びの日」にしたり、プールにママと赤ちゃん用のセクションがあるかどうかを確かめたりすることさえできます。

  • 赤ちゃんを楽しませ続ける

穏やかなしぶきのゲームをしたり、赤ちゃんが遊んで遊んだりするために風呂のおもちゃを使用してください。あなたはプールの向こう側に浮遊おもちゃを配置し、それらを得るためにあなたの赤ちゃんが泳ぐのを助けることができます。水泳を楽しくすることは彼らが早く慣れるのを助けるでしょう。

赤ちゃんと一緒にプールに入る危険はありますか?

小さな赤ちゃんや子供を湖、川、公共のプールに連れて行くことに伴ういくつかのリスクがあります。赤ちゃんと一緒に泳ぐ準備をするときは、次の点に留意してください。

  • 赤ちゃんの感染に対する免疫の欠如
  • 胃の病気を引き起こす水中のバクテリアと寄生虫
  • 日焼けや皮膚の発疹のリスク
  • 呼吸器の病気、気管支炎または喘息を引き起こす水の吸入または塩素暴露
  • 飲み過ぎた水による低血中ナトリウム(低ナトリウム血症)
  • 暑すぎる(温熱)
  • 冷たい水にさらされる(低体温)

ここは ある ビデオ上映 両親が赤ちゃんを助けるためにできるいくつかの赤ちゃんの水泳のヒント:

Загрузка...